ページタイトル

事例でわかる・問題解決型にはこんな対応を!<シーン1>

リード文 黒川氏コラム1-③

上司に進捗の報告や企画の提案をしても話を聞いてくれない


<シーン>
プロジェクトの進捗状況の報告や新しい企画の提案を上司にしても、話をきちんと聞いてくれません。説明の途中で、重要でないことについて反論されたり、アドバイスをされたり。忙しいのはわかりますが、もっと話を聞いてほしいです。


<黒川先生からのアドバイス>
最初に結論やテーマを伝えるとスムーズ

問題解決型には、話の始めに、まず「ゴール(結論、目的)」を確認するという癖があり、相手が「話の目的」をいわずに近況から話し始めると、「何の話だ?」と探りだします。そこにちょっとした失敗談が入っていると、その問題解決こそが「ゴール」だと勘違いして、「それは目論見が甘かったね」などと要らぬシュート(アドバイス)を打ってくるのです。あるいは、いつまでもゴールが見つからずイライラしだすことも。
問題解決型の上司に報告や相談をする時は、最初に結論やテーマを明確にしましょう。「企画書の変更点について確認させてください」「来週の目標を下方修正させてください。というのも…」といったように。さらに、「ポイントは3つあります」「候補は4つあります」など、数字を盛り込みながら話すとさらによいでしょう。数字は、問題解決型の脳が好むアイテムなのです。
問題解決型にとって、会話はスペックの確認や問題点の指摘、解決を目的としています。そのため話を途中でさえぎり、疑問点や反論を話しだすこともよくあります。悪気があるわけではなく、仲間を混乱から回避させようとする問題解決型の「正義」から出る行動です。問題解決型に話をさえぎられて反論されてもへこまず、的確に答えながらも、心の中ではスルーすることも大切です。







プロフィール 黒川氏コラム

黒川伊保子(くろかわ・いほこ)氏
人工知能研究者

人工知能研究者。1959年長野県生まれ。奈 良女子大学理学部卒業後、コンピュータ・ メ ーカーにてAI開発に従事。コンサルタント会 社、民間研究所を経て、(株)感性リサーチを 設立。人材開発・社員研修として男女脳差理 解によるダイバーシティ・コミュニケーション 講座などを多数実施。『妻のトリセツ』『夫の トリセツ』(講談社)などの著書がある。
 
本文2 黒川氏コラム1-③
目次 黒川氏コラム

2つの脳タイプ 具体的にどう接したらいいの?
<<続編>> 黒川伊保子先生コラム 連載中!

男性に多い「ゴール指向問題解決型」と、女性に多い「プロセス指向共感型」。
2つの脳タイプが両方とも活躍できる会社にするためにはどうしたらよいのでしょうか?


黒川氏連載コラム詳細