ページタイトル

2つの脳タイプを知り、互いに発揮できる組織にしよう!

リード文 黒川氏コラム3-①

2つの脳タイプが活躍することで組織は強くなる


これまでの会社の多くは、問題解決型のルールで動いてきました。そのため共感型が多数を占める女性の能力は評価されにくく、会社の中で活躍することができませんでした。しかしこれは非常にもったいないことです。2つの脳タイプが組織に混在して、それぞれの能力を生かせるようになると、会社のポテンシャルは高まります。その理由は、2つの脳タイプは「気付き」のポイントが異なるからです。問題解決型と共感型は、注目するポイントが違っており、互いに気付かないところに気が付きます。例えば、うまく相互補完の体制をつくることで、トラブルを未然に防ぐことができます。さらに「気付き」の種類が増えることで、事業に対する発想やアイデアも多様になり、結果として会社の生産性や創造性も増し、業績が上がっていきます。
両者は異なった「強さ」を持っています。問題解決型は先を見通してリスクを回避するのが得意ですが、先が見通せない状況には弱く、思考停止に陥ることも。一方、周囲に目を配る共感型は先が見通せない状況でも動じず、日々の仕事に取り組む強さがあります。2つの脳タイプが存在すると、リスクに迅速に対応し、逆風にも打たれ強い、しなやかで強い組織をつくれるわけです。
2つの脳タイプが活躍する職場は最強・最高のチーム。2つの脳タイプがそれぞれに力を発揮できる最強の職場づくりを始めましょう!




プロフィール 黒川氏コラム

黒川伊保子(くろかわ・いほこ)氏
人工知能研究者

人工知能研究者。1959年長野県生まれ。奈 良女子大学理学部卒業後、コンピュータ・ メ ーカーにてAI開発に従事。コンサルタント会 社、民間研究所を経て、(株)感性リサーチを 設立。人材開発・社員研修として男女脳差理 解によるダイバーシティ・コミュニケーション 講座などを多数実施。『妻のトリセツ』『夫の トリセツ』(講談社)などの著書がある。
 
目次 黒川氏コラム

2つの脳タイプ 具体的にどう接したらいいの?
<<続編>> 黒川伊保子先生コラム 連載中!

男性に多い「ゴール指向問題解決型」と、女性に多い「プロセス指向共感型」。
2つの脳タイプが両方とも活躍できる会社にするためにはどうしたらよいのでしょうか?


黒川氏連載コラム詳細