ページタイトル

【WEB診断】「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断

【WEB診断】「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断 本文

支援ツールを活用しよう! ~【WEB診断】「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断~


厚生労働省ホームページには、様々な支援ツールが紹介されています。
今回は、「働き方・休み方改善ポータルサイト」からWEB診断をご紹介します。
(記載されている情報等は2020年8月確認時点のものです)






「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断


働き方・休み方の改善に当たっては、企業の実態を踏まえた上で、経営トップが見直しなどの判断をしていくことが重要です。 働き方・休み方改善ポータルサイトでは、下記のアイコンから、企業・社員の方が「働き方・休み方改善指標」を活用して自己診断をしたり、企業の取組事例を確認することができます。

・厚生労働省 「働き方・休み方改善ポータルサイト」









「働き方・休み方改善ポータルサイト」の活用

「働き方・休み方改善ポータルサイト」は上記のWEB診断以外にも、様々な情報が掲載されています。 支援ツールとして活用できる情報をピックアップして紹介します。

○「課題別の対策」の活用 
「働き方・休み方改善指標」を用いた診断・コンサルティングを数十社に対して実施し、その結果確認された働き方・休み方に関する課題について、以下のように『意識』『マネジメント』『仕事特性』『実態把握』に分類され、紹介されています。
・意識の問題あり:トップの意識、管理職の意識、組織・職場の風土、一般社員の意識といった課題があります。
・マネジメントに問題あり:体制・組織・仕組み(推進体制、規定等)、管理職の部下マネジメントといった課題があります。
・仕事特性、仕事のやり方に難あり: 仕事の進め方(業務標準化等)、仕事量の偏り(部署・時期)、顧客都合の業務による調整難、人材不足といった課題があります。
・働き方・休み方に関する実態把握に問題あり:働き方・休み方の実態把握や社員の意識の把握に課題があります。



○「事例集やパンフレット」の活用
関連法令に関するパンフレットなど 
関係法令等に関するパンフレットやリーフレット、ハンドブック、事例集など
(労働時間等設定改善関係、労働基準法関係、労働契約法関係、最低賃金関係)

働き方・休み方改善ハンドブック
業種別に作成された働き方・休み方の改善に役立つハンドブック
(情報通信産業、小売業、製造業、金融業、宿泊業、情報通信産業)









◆上記は2020年7月時点の情報です。詳しくは、下記のホームページをご確認ください。
・厚生労働省 「働き方・休み方改善ポータルサイト」

◆サイト内関連ページ
・読み物 中小企業向けコラム




支援ツールを活用しよう 目次

支援ツールを活用しよう
厚生労働省ホームページから、企業と働く女性に役立つ「支援ツール」をピックアップしてご紹介します。(記載されている情報等は2020年7~8月確認時点のものです)

【WEB診断】働き方改革関連法セルフチェック
【WEB診断】「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断
【テンプレート】女性活躍推進「行動計画策定支援ツール」
【WEB診断】企業向け「母性健康管理取り組み診断」
【WEB診断】産休・育休自動計算
【テンプレート】母性健康管理指導事項連絡カード